競伝Live 日記

競馬伝説Liveの東京鯖で主に活動している”中”の活動記録です。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-13

競馬伝説の始め方6

7S2月3週

 前回の続きです。
 
 お金があまりないという設定ですから、有償(あまり高額でない場合)、無償にかかわらず、あくまでも、相手の厚意でもらえる場合であることです。ですから強要は決してしてはいけません。

 代価を払うのなら、取引ですので気にする必要は無いのかもしれませんが、そんなに払えるお金はないという設定ですので、高額な費用は払えませんし、セリなどに参加してもまともそうな繁殖牝馬は手に入りません。

 私の知っている範囲ですが、だいたい自分のところで血統をつないでいく事をしていると、繁殖牝馬の持てる頭数に制限があるため、一時的に必要が無くなったり、またそれほどのパラでなかったため、手放すことを考えている人が結構います。
 普通はセリに出すのですが、親しい人に対して譲っていることもあります。ただそのような時は、もらった相手が大事にしてくれることを期待してくれたり、貸してくれたりするわけですから、万が一にも間違えて売ったり、捨てたりしてはいけません。もちろんいきなりゲームをやめていなくなってしまうのもNGです。 不要になったら相手にそのことを話して返す意思を伝えるくらいのことはしたいです。  
 
 少し脱線しましたが、そうして良いパラの繁殖牝馬を手にすることができたら、いろいろ思考錯誤しながら、生産を繰り返します。
 よく研究している人に聞くと相性の組み合わせや成功しやすい生産方法を教えて貰えるかも知れませんが、自分で悩みながら生産を繰り返すのも楽しいものです。

 有料会員になることがいやで、自分でそろえるのなら、馬券などでお金をためて、市場繁殖牝馬を買うかKPを買ってそれで繁殖牝馬を買うかですね。
 1ヶ月2000円使える想定ですので、2ヶ月貯めれば4000円となり、400KPとなりますので、結構いい繁殖牝馬を買うことができます。
 有料会員にならないのなら、毎月払うお金は必要ありません。そこで次にする事としては、レンタル施設を借りるのがいいかなと思います。
 月に使えるのは、200KP(2000円)までですから、できれば森林馬道L(調教による疲れの大幅回復、森林馬道Sより効果大)と温泉S(放牧した場合の回復期間が1週短くなる)がいいと思います。
 森林馬道Lは、私はまだ持っていないので、正確にはわかりませんが、Sでも疲労回復効果がそれなりにありますので、これがあると餌代がかなり助かるか、早熟系の競走馬でも十分調教を積むことができると思います。
 
 有料会員となった時でも、まだゆとりがありますので、森林馬道Sをレンタルするのも考えてみてください。

 施設についての検討は、私がもっと上のクラスの施設を手に入れたら比較してみたいと思っています。

 始め方としては、このくらいです。
 上記の方法だと、以前書いたお金(リアル)をまったく使わない方法と比べて、最初の立ち上げが楽になりますので、少しは楽に勝ち星を稼げるようになると思います。 

 頑張ってください。

 続きはまた次回で。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1357924680.blog75.fc2.com/tb.php/49-209add88

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。